環境

YKKグループは、環境経営を推進し、本業を通じた持続可能な社会への貢献に取り組んでいます。

環境宣言

環境経営は、この地球で事業を営む上での責任です。YKKグループは、1994年に「YKKグループ環境宣言」を制定し、事業活動のすべての領域で環境活動に取り組んでいます。

YKKグループ環境宣言

恵み豊かな地球環境を守り、健全な姿で次世代に伝えることは
今や人類共通の最重要課題と認識されています。
YKKグループは、『地球にやさしい企業』を目指し、
「環境との調和」を事業活動の最優先課題として取り組み、
推進することをここに宣言します。

1994年9月

YKKグループ環境ビジョン2050

地球規模での環境分野への貢献が求められる中、グループ全体で更に高いレベルの環境経営を実現するために、2019年4月、環境への取り組みの長期的な方向性を示す「YKKグループ環境ビジョン2050」を策定しました。

YKKグループ環境ビジョン2050 人と自然の未来をひらく 気候変動への対応 水の持続的利用 資源の活用 自然との共生

「YKKグループ環境ビジョン2050~人と自然の未来をひらく~」で掲げた4つのテーマの実現に向け、各事業において中期・短期の目標に落とし込み、活動を行っています。

YKK(ファスニング事業)の環境目標・実績等は「This is YKK 2021」を、YKK AP(AP事業)の環境目標・実績等は「YKK AP環境報告書2021」をご参照ください。

中期環境方針(2021-2024)

YKK(株)

YKK環境方針

YKKは、第6次中期経営ビジョン 「Technology Oriented Value Creation『技術に裏付けられた価値創造』」のもと、事業活動・商品を通じてサステナビリティを推進することで、環境との調和を図り、ソーシャルグッドな企業であり続け、社会に貢献してまいります。

行動指針

  • YKKサステナビリティビジョンに則り、環境マネジメント体制を強化し、環境コンプライアンスの徹底及び環境負荷低減に向けて、継続的な改善を行います。
  • 2050年までに気候中立を実現するため、長期的にCO2をはじめとした温室効果ガスの排出量を削減します。
  • 商品のライフサイクルを通して環境負荷を低減するとともに、持続可能なエネルギーや素材への移行を進めます。
  • 生態系の保全、豊かな生活のため、水、化学物質使用を削減し、環境への影響・負荷を低減します。

2021年4月1日
YKK株式会社 代表取締役社長
大谷 裕明

YKK AP(株)

YKK AP環境経営方針

ライフサイクルの全ての段階で環境価値を創出
~人と自然が共生する未来へ~

YKK APは、次世代に対してより良い社会・環境をつくるために、技術革新による新しい価値の創造、環境負荷ゼロに挑戦します。

  • バリューチェーン全体で環境課題解決への貢献と環境負荷低減に取り組みます。
  • 環境課題として、気候変動、資源循環、水、生物多様性に取り組みます。
  • 多様な人材を基盤とし、未来を見据えて新たな環境価値創出に取り組みます。

2021年4月1日
YKK AP環境政策委員長
YKK AP株式会社 代表取締役社長
堀 秀充

環境

ページの先頭へ