ニュースリリース

2016年3月30日 
YKK初の事業所内保育所「たんぽぽ保育園」開所

 YKK株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:猿丸雅之)は本日、パッシブタウン(富山県黒部市)内でYKKとして初めての事業所内保育所である「たんぽぽ保育園」を開所いたしました。
 式典には、約40名のご来賓を含む関係者が出席され、堀内康男黒部市長や保育園を運営する社会福祉法人あいじ福祉会(所在地:富山県黒部市、理事長:岩井恵澄様)の岩井理事長からご挨拶をいただきました。式典後は、保育園関係者と報道関係者に対し、内覧会を実施いたしました。

 当社では、長く働き続けることが社会的要請になると同時に、働き方についての意識改革が大きな課題であると認識し、社員の出産後の早期職場復帰や、子育てがハンディとならない多種多様な働き方を応援するため、社員と社会のニーズに合った保育所運営を進めてまいります。

<保育所概要>

名称 たんぽぽ保育園(Tampopo Child Center)
事業主体 YKK株式会社
運営主体 社会福祉法人あいじ福祉会
運営場所 富山県黒部市三日市4016-1 パッシブタウン商業南棟
運営開始日 2016年4月1日(金)
延床面積 472.89㎡(1階 154.26㎡、2階 77.76㎡、園庭 240.87㎡)
保育対象 YKKグループに勤務する従業員が養育する0歳(生後8週間)~2歳児
保育定員 15名程度
保育時間 当社稼働日の7:00-18:00(延長保育時間 18:00-20:00)

<名称の由来・マーク>

 たんぽぽは、どのような場所にでもしっかり根をはり、元気いっぱいすくすくと育ち、きれいな黄色い花を咲かせます。そして綿毛になると、広くどこまでも飛んでいき、新しい土地で次の花を咲かせます。
 お子様の健やかな成長と、世界を舞台に活躍する未来を願い、たんぽぽ保育園と名付けました。

たんぽぽ保育園

<たんぽぽ保育園 外観・内観>

1) 外観

2) 1階保育室

3) 2階保育室

※画像はテキストリンクよりダウンロードいただけます

以上

ページの先頭へ