ニュースリリース

2015年11月5日 
YKK株式会社 工機技術本部「ファスナー専用機械部品工場」の竣工
~窓のある精密機械工場への挑戦~

 YKK株式会社(本社:東京都千代田区、資本金:119億9,240万500円)は、ファスニング事業・AP事業の専用機械・ラインを開発・製造する工機技術本部において、本年1月より建設を進めておりました、「ファスナー専用機械部品工場」(富山県黒部市吉田200)が完成し、11月5日に竣工式を執り行い、12月より操業を開始する予定です。

 「ファスナー専用機械部品工場」は、YKKの技術の中枢である工機技術本部が今後も黒部に中軸を置き、ファスニング事業・AP事業における専用機械・ラインに特化した専用の機械部品加工工場として、将来のものづくりの進化に対応していくために「社員が自ら考え、進化し続ける」ことをコンセプトとしています。
 その中で5年後10年後も競争力を持ち続ける柔軟なライン編成による「フレキシビリティ」を備えた工場としてレイアウトフリーと精密機械部品の安定生産を担保するための高度な温湿度・振動コントロール、更には自然採光を積極的に取り入れ社員の働きやすさを実現する、世界初の「窓のある精密機械工場」へ挑戦します。

 また環境面では自然エネルギー(光、水)を積極的に取り込み、富山県黒部扇状地の地下伏流水(表層地下水の地中熱)の活用等を通して使用電力を従来から20%削減すると共に、使用する工業用水量を75%削減します。

 これらを踏まえ、機械部品のものづくりにおいては、人作業や搬送の自動化と伝票レス化等による、「自動化ライン」と、作業の標準化や作業動線の改善を図った「加工セル」、更には組立しやすさを追求し、必要な時に必要なものを供給する「仕分・配膳」で製造ラインを構成し、これらの継続的な改善・改良、進化を通して事業競争力の強化を図ります。

工機技術本部 ファスナー専用機械部品工場 外観

工機技術本部 ファスナー専用機械部品工場 外観

※テキストリンクより、拡大写真画像をダウンロードいただけます。

<工機技術本部 「ファスナー専用機械部品工場」の概要>

名称 工機技術本部 ファスナー専用機械部品工場
所在地 富山県黒部市吉田200
生産品目(※) YKKファスニング事業向けの生産ラインにおける専用機械部品、及び金型等
専用機械部品 250万個/年、専用機械金型 500セット/年
出荷金額(※) 200億円(別工場で製造する1,500台の専用機械との合算)
参考(※) YKKファスニング事業における工機製設備の稼働台数40,000台

※2014年度実績に基づく

<工事概要>

延床面積 26,227㎡
構造・階数 鉄骨造・地上2階
着工 2015年1月
竣工 2015年11月5日
操業 2015年12月操業開始、2016年4月本格操業予定
投資額 78億円(設備投資含む)
主な設備 ファスナー専用機械 部品生産ライン、金型部品生産ライン
設計・施工 株式会社 竹中工務店

<新工場のポイント>

● 社員が自ら考え、将来のものづくりに対応

  • 「フレキシビリティ」を備えた工場
    • 5年後10年後を見据えた上で将来の改善・改良、進化に対応できる自動化ラインの導入とそれを実現するレイアウトフリーによる工場設計
  • 「窓のある精密機械工場」への挑戦
    • 上記フレキシビリティを備えた上で精密部品の安定生産を担保するための効率的で最適な温度・湿度管理や、各種要因により発生する振動の減衰と振動そのものを伝えない設計
    • 自然採光を積極的に取り入れ、社員の働きやすさを追求

● 使用エネルギーの削減

  • 自然エネルギー(光、水)を積極的に取り込み、富山県黒部扇状地の地下伏流水(表層地下水の地中熱)の積極活用等を通して、使用電力を従来から20%削減、使用する工業用水量を75%削減

● 機械部品のものづくりにおける製造ライン構成

  • 人作業や搬送の自動化、伝票レス化等による「自動化ライン」
  • 作業の標準化や作業動線の改善を図った「加工セル」
  • 組立しやすさを追求し、必要な時に必要なものを供給する「仕分・配膳」

以上

ページの先頭へ