ニュースリリース

2015年9月3日 
キッザニア東京 期間限定イベント『ファスナーウィーク』にYKKが協賛
~ ファスナーを通じてこども達が楽しみながら「日本のものづくり」を体験~

YKK株式会社(本社:東京都千代田区神田和泉町1)は、KCJ GROUP株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:住谷栄之資)が企画・運営を行うこども向け職業・社会体験型施設「キッザニア東京」(東京都江東区豊洲)にて2015年10月1日(木)から12日(月・祝)まで開催される『Art & Culture Exhibition』に、YKKのファスナーをテーマにした期間限定イベント『ファスナーウィーク』を協賛します。

2回目となる今年の『ファスナーウィーク』の協賛期間は10月1日(木)から10月7日(水)の7日間。昨年に引き続き、ファスナーの部品の1つである「スライダー(※)」をこどもが自分で組み立ててファスナーポーチを作る『ファスナー職人』、ファスナーを使った遊具「つながるーぷ」を体験できる『ファスナーパーク』、ならびに、『ファスナークイズラリー』などを通じ、身近な商品であるファスナーに関する理解を深め、その技術や品質の高さに気づくきっかけを提供します。

YKKは1934年の創業以来80年以上にわたり、一貫生産体制と徹底した品質管理で、世界中で同一の高品質な商品を提供することで社会的信頼を確立し、現在は世界71カ国・地域に111社の拠点があります。YKKではこれまでもこども達へさまざまな形で「日本のものづくり」を伝える活動を続けておりますが、この度キッザニア東京で開催される『Art&Culture Exhibition』においては、文化(身近な商品である「ファスナーを通じて、日本のものづくり文化を体験、他)とアート(ファスナーを用いたカラフルな装飾、他)の両面から、こども達がファスナーを起点にして世界に誇れる日本のものづくりの技術や品質のすばらしさについて、楽しみながら関心を深めてくれることを企図しています。

※「スライダー」・・・ファスナーを開閉するファスナーの重要な部品の1つ

<協賛概要> 期間限定イベント YKK『ファスナーウィーク』

◆YKK協賛期間:2015年10月1日(木)~7日(水)
(『Art & Culture Exhibition』開催期間:2015年10月1日(木)~12日(月・祝))

◆協賛プログラム:

1)  『ファスナー職人』
ファスナー職人として、「スライダー」の手作り体験とその「スライダー」を使った「ファスナーポーチ」をこども達自らが作成します。

2)  『ファスナーパーク』
ファスナーを使った遊具「つながるーぷ」でトンネルなどの形づくりに挑戦。作ったトンネルは中に入って転がる遊具にもなります。

3)  『ファスナークイズラリー』
ファスナーに関するクイズを設置。全問正解の方にYKKオリジナル商品をプレゼント。

4)  『ファスナーオブジェ』
ファスナーを使った遊具「つながるーぷ」でつくったオブジェを展示します。

『ファスナー職人』で制作するポーチ
YKK『ファスナーウィーク』の詳細については、以下のリンクをご参照ください。
https://www.ykk.co.jp/japanese/corporate/pr/kidzania.html

キッザニア(KidZania)は、メキシコ発のこども向け職業・社会体験型施設で、日本では2006年に「キッザニア東京」、2009年に「キッザニア甲子園」がオープンし、楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる屋内施設として高い人気を博しています。
「キッザニア東京」オフィシャルサイト www.kidzania.jp/tokyo/

以上

ページの先頭へ