ニュースリリース

2015年4月10日 
YKK初の保育所 パッシブタウン黒部モデル内に開設

  YKK株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:猿丸雅之)は、建設中のパッシブタウン黒部モデル(富山県黒部市)内にYKKとして初めての保育所を開設するにあたり、本日黒部愛児保育園(黒部市)にて、社会福祉法人あいじ福祉会と保育所開設協定の調印式を行いました。

  YKKグループでは、“育児休業制度”、“短時間勤務”、“時差勤務”の充実による社員の就業と育児・介護の両立の支援に加え、出産した社員の早期職場復帰や、子育てがハンディとならない働き方に応えられる保育所の開設についても検討して参りました。同時に、本社機能一部移転で都市部から黒部市へ異動してきた社員と帯同する家族に対し、黒部での豊かな暮らしを実現し、安心した保育環境を整備することは、パッシブタウン黒部モデルを初めとしたまちづくりの重要な要素と考えています。
  保育については実績のある専門家に委ねるべきという判断から、2014年2月より社会福祉法人あいじ福祉会と保育所開設の協議を開始し、同年10月より黒部市こども支援課にサポートいただきながら三者会議を重ねて参りました。本年3月に、開設場所・時期、運営方法等の合意が整ったため、開設協定の調印式に至りました。

<協定事項>

事業主体 YKK株式会社
運営主体 社会福祉法人あいじ福祉会
開設時期 2016年4月1日(水)
募集時期 2015年10月頃(予定)
開設場所 富山県黒部市三日市4016番地
パッシブタウン黒部モデル 第1期街区 商業棟
入所対象者 0歳児~2歳児
収容人数 15名程度

写真画像はこちらよりダウンロードいただけます。

  パッシブタウン黒部モデル第1期街区完成イメージ (2,700KB)

※道路側が商業棟です。保育所は、商業棟のどの部分に入るか未定です。

以上

ページの先頭へ