ニュースリリース

2015年4月1日 
YKK株式会社 2015年度入社式 開催

 YKK株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:猿丸雅之)は、2015年度新入社員の入社式を、本日9時よりYKK50ビル(富山県黒部市)にて開催しました。

<代表取締役社長 猿丸雅之からの式辞(要旨)>

 入社おめでとうございます。YKK全体の入社式を黒部で行うのは22年振りです。北陸新幹線が開業したことも理由の一つですが、製造業として黒部の位置付けを再確認したいという意味もあります。YKKの事業は世界に広く展開していますが、製造業の大事な部分である技術は、黒部で深く根付いており、故に我々は黒部を"技術の総本山"と呼んでいます。これから黒部で行われる研修に真剣に取り組み、製造業を肌で感じてください。

 YKKは2014年に創業80年を迎えました。昨年発刊した社史を通して、我々の先人達がどういう苦労をし、どういうことを考えて、どういう犠牲や努力があって会社を今の位置に持ってきたかを学んでほしいと思います。

 事業面では、2013年度から第4次中期経営計画に入っています。2013、14年は大変素晴らしい業績をあげることができました。3年実績が出れば自信が確信に変わると思います。その重要な年に入社した皆さんの役割は大きく、後年、あの頃から会社が変わった、大きくなったというような貢献をしてもらいたいと思います。その為には失敗を恐れずに挑戦してください。これから受ける色々な研修も、ただ漫然と受けるのではなく、常に問題意識を持って、知識を身につけていってください。社会人と学生との最大の違いは、自分の言動に伴う責任の大きさです。業績をあげる最大のカギは責任感であり、権威や権限や肩書きではありません。今、会社は"働き方の変革"に挑戦しています。年齢・性別・学歴・国籍にかかわらず皆が公正で、多様性のある人材を活性化し会社を更に成長させようという挑戦です。会社の最大の財産は"人材"です。色々な人材にどのように活躍してもらうか、皆さんと一緒に考え、推進していきたいと思います。この多様性を実現するには、公正という観念がないとうまくいきません。"自律"と"公正"を覚えていてください。

 世の中では、ITの変化と発達が急速に進んでいます。ビジネスでも、ITを克服し利用できるようにならないとなりません。"IoT(Internet of Things)"-これからITを駆使した新しい工場生産のあり方"インダストリー4.0"に皆さんも大いに興味を持って、若い世代が生まれながらに持った感性を最大限に活かし、将来の会社の成長となるような礎を作ることを期待します。一方で、YKKが製造業としてものをつくることに変わりはなく、どのように作るかが重要です。世の中の変化のスピードに合わせるのではなく、我々が変化を先導したいと強く思っています。

 また、皆さんの中には海外志向の人も多いと思います。海外で仕事をすることだけが、世界と関わることではありません。今はどこに居ても世界と関わらずに仕事はできません。情報の共有も早くなり、通信の発達は世界を変えました。皆さんは、いつも世界と関わって仕事をし、生活をしているということを理解し、常に興味と好奇心を持って取り組んでほしいと思います。

 仕事は楽しくオンとオフの切り替えを上手にしてください。先輩の例も参考にしてほしいと思います。そして、今日の緊張感と高揚感と希望を忘れずに、YKKの一員として楽しく、逞しく成長されることを期待しています。


<2015年度 新入社員数(カッコ内は昨年度実績)>
YKK株式会社 2015年度新入社員                                :152名(137名)
※ご参考
  関係会社入社式参加数                                 :9名(7名)
 2015年度YKKグループ 新入社員数             :431名(394名)

以上

ページの先頭へ