ニュースリリース

2014年4月17日 
『パッシブタウン黒部モデル』第1期開発計画概要発表

  YKK株式会社(社長:猿丸雅之、本社:東京都千代田区、資本金:119億9,240万500円)は、『パッシブタウン黒部モデル』の第一期開発計画概要を発表しました。第1期開発は、同プロジェクトのマスタープランナーでもある小玉祐一郎氏と宮城俊作氏が設計します。今年7月に着工し2015年9月に竣工を目指します。


  『パッシブタウン黒部モデル』は、YKK株式会社の茅堂社宅跡地開発事業であり、YKK不動産株式会社(社長:吉田忠裕、本社:東京都千代田区、資本金:1億8千万円)が開発する黒部における自然エネルギーを活用したハイエネルギーへの依存を抑えた集合住宅と商業施設によるまちづくりで、未来に向けた地域における暮らしを提案するプロジェクトです。


≪パッシブタウン黒部モデルコンセプト≫
21世紀の持続可能な社会にふさわしいローエネルギーのまちと住まいを実現する
太陽、風、緑、水といった黒部の自然のポテンシャルを活かす
ハイエネルギーの削減とローエネルギーの活用を実現するパッシブデザインの追求
地域との共生をめざす

≪建築設計コンセプト≫
風のさわやかさと太陽のぬくもりを楽しむ住戸プラン
自然エネルギーを活用した設備システム
まちに開く、地域のにぎわいをつくる商業棟

≪ランドスケープ設計コンセプト≫
ハイエネルギー消費量の低減とローエネルギーの活用を実現するランドスケープ
風、水、緑の相乗効果による快適な屋外環境を提供するランドスケープ
すまいとまちにひらかれたランドスケープ

≪開発概要≫
建築用途 複合型賃貸集合住宅
敷地面積 5,439m²
延床面積 8,322m²(住居棟:7,402m²、商業棟:920m²)
構造 RC造、S造
階数 地上3階、地下1階
総住戸数 36戸
1LDK(56m²) 12戸
2LDK(71m²) 12戸
3LDK(85m²) 12戸
地下駐車場 44台
着工 2014年7月(予定)
竣工 2015年9月(予定)
入居者募集開始  2015年4月(予定)
入居開始 2015年10月(予定)


PDF  『パッシブタウン黒部モデル』第1期開発計画概要発表 参考資料 (1,137KB)
(資料1:設計者プロフィール、資料2:プレゼン要旨、資料3:イメージグラフィック)

資料3の写真画像はこちらよりダウンロードいただけます。

  全景 (376KB)

  北側の広いデッキ (469KB)

  リビング (211KB)

  サンテラス (507KB)

  中庭 (647KB)

  商業棟 (370KB)


以上

ページの先頭へ