ニュースリリース

2014年4月1日 
YKK株式会社 2014年度本社入社式 開催

YKK株式会社(本社:東京都千代田区神田和泉町1)は、2014年度新入社員の本社入社式を、本日10時よりYKK R&Dセンター(東京都墨田区)にて開催しました。

<代表取締役社長  猿丸 雅之からの式辞(要旨)>

皆さん、入社おめでとうございます。皆さんの門出を祝うような桜が満開の日となりました。社会人としての新たな第一歩を踏み出す今日4月1日は、我々にとっても新たな年度の日です。皆さんを迎えて、新たな年もチャレンジしたいと思っています。

YKKは今年創業80年を迎えました。その節目の年である2013年度は好業績を収めることができました。ただし、2014年度はその業績が本物だったのか真価を問われる年になります。皆さんと一緒にどういった1年にできるかが重要になります。

新入社員の皆さんにまずお願いしたいのは、「数値を意識する」ことです。社会人になれば結果、いうなれば数値が問われます。もちろん途中経過も大切ですが、一生懸命頑張っているからだけでは、評価につながりません。これまで以上に数値目標に対する考え方、責任感を身に着けてほしいと思います。

もうひとつは、好奇心を持ってください。YKKの創業社長吉田忠雄さんは好奇心旺盛で、「ゴンボ(富山の言葉でごぼうの意)の末まで知りたがる」、ごぼうの端がどうなっているかまで知りたい子供だったそうです。いろいろなことに意識を向け、学ぶことで知識が広がり、それが自分自身の向上につながっていくものです。今は様々なビジネスチャンスがあります。それに気づき考えるための意識と知識を、好奇心をもって身に着けていってほしいと思います。

いまやビジネスにはボーダーラインはありません。どこにいても、世界を意識しないで生活や仕事をすることはできません。国際社会でのビジネスにおいて、相手の国や文化、価値観を知る、理解すると同時に、自分の国や文化、価値観を理解することも必要です。そのために、人間としての教養、魅力を強化していってください。生活の中、仕事の中で、問題意識をもって物事を見る習慣、その解決のために知識をつける努力を怠らないでください。そして、本質を探究する気持ちを持って、わからないことを人に尋ねる勇気と、自分で調べる努力を意識して頑張ってほしいと思います。

とはいえ、仕事は楽しくやりましょう。そのためには、オンとオフの切り替えが非常に大事です。仕事に集中する時と思い切り遊ぶ時とをしっかり分けて、長い社会人生活を楽しんでほしいと思います。今日の緊張感とやる気を忘れず、そしてこれから出会う同期を大事にしてください。同期は皆さんの大きな財産になります。

最後にもう一つお願いです。YKKは、ものづくりに非常にこだわりを持っています。この80年間、先輩を通じて培ってきた製造業としての考え方を、研修や業務で少しずつ意識して身に着けてもらえるとうれしいです。

皆さんが社会人の1年生としてスタートするこの年を、皆さんと一緒に、YKKにとってもエポックメイキングな年にしたいと思っています。健康で、元気に、がんばってください。

2014年度 新入社員数(カッコ内は昨年度実績)
YKK株式会社 2014年度新入社員               :137名(162名)
          うち本社入社式参加数          : 76名( 81名)
※ご参考 2014年度YKKグループ 新入社員数  :394名(443名)

なお、黒部事業所採用の新入社員は、同日9時30分より開催した、2014年度YKKグループ黒部事業所入社式に参加しました。

以上

ページの先頭へ